よくあるご質問

  1. 歯科治療の時期っていつがいいの?

    妊娠中でも歯科の治療はできます。ただ、安定期に入った4カ月以降がお勧めです。
    ただし、あまり後期に入ってしまうと出産までに治療が終わらないこともあります。
    ご注意ください。

  2. 妊娠中のレントゲンって大丈夫??

    当院でのレントゲンは従来に比べ照射被爆量が1/6と小さくなっております。また、しっかりと防護エプロンをして頂きますので胎児には影響ありません。

  3. 妊娠中なんだけど薬って飲めるの?

    歯科治療中における麻酔や歯の中に入れる薬に関しては胎児には影響ありません。飲み薬を処方する際、当院では必ず担当の産科の先生にご相談させていただき、産科の先生の了解が得られてから処方いたします。
  4. 妊娠中なんだけど親知らずが痛い・・抜けるの?

    安定期に入っていれば外科処置も可能ですが術後薬が処方されることがあります。産科の先生に相談の上抜歯可能かどうかを判断いたします。抜歯に関しては総合東京病院の口腔外科を紹介させていただくこともありますのでご了承ください。

  5. 妊娠中って歯茎から血が出やすいの?

    妊娠中は通常時よりホルモンバランスが崩れやすく、女性ホルモンを栄養にする歯周病菌が増殖しやすいです。その為歯肉から出血しやすく歯肉が腫れやすいです。また、つわりが酷く歯ブラシが入れられない場合も歯肉の腫れの原因になります。つわりが少し治まったら歯科医院でクリーニングをしましょう。

  • ※妊娠中は体の状態が日々変わります。治療中に気分が悪いなどございましたらお申し出ください
  • ※出産後の赤ちゃんのお口の中のケアのお悩みがございましたらいつでもご相談ください。
妊婦さんへ「妊娠中に注意すること」へのページに戻る